レゴランドジャパンに行ってきたので感想とおすすめ/残念ポイントを紹介

レゴランド正面

週末は基本的に家から近いディズニーに遊びに行くことが多いのですが、たまには他のテーマパークにも行ってみようということでレゴランドに遊びに行ってきました。

レゴランドにした理由は有名どころでまだ行ったことがないというただそれだけです。

自分の中で有名どころのテーマパークはディズニーUSJハウステンボスとこのレゴランドでした。

どうせならレゴランドホテルにも泊まろうということで結構お財布には厳しい旅行になってしまいましたが、子供達は満足してくれたので良かったな、と。

ということでレゴランドに行ってみた感想とおすすめポイントを紹介します。

おすすめポイント!
  • 人が少なくアトラクションも空いているので快適
  • レゴで出来た装飾がたくさん飾ってあり感動する
  • レゴのキャラクターと写真撮影できる
  • アトラクション以外の遊び場が充実
  • インスタ映え目的はほぼいない
残念ポイント!
  • 対象は小学校低学年まで(主観)
  • 営業時間が短い(10時~18時)
  • お土産は結局レゴブロックになる

噂通り混雑…じゃなく空いていた

レゴランドには日曜日に遊びに行ったのですが、空いていました。

アトラクションはだいたい5~10分待ち程度で快適でした。ディズニーもこのくらい空いているといいんですが年々混雑はひどくなるばかり。。。

どのくらい空いていたかはこちらの記事で紹介しています、と改めて紹介するようなことではないんですが。

レゴランド看板【2019】レゴランドジャパンは噂通り混雑…じゃなくガラガラだった

レゴで出来た装飾に感動

レゴランドの外にも中にもレゴで出来た装飾がたくさんあり、あまりの出来の良さに感動します。

こちらは息子がはまっているニンジャゴーのウー先生。ニンジャゴーエリアは2019年に出来たばかりだったので真っ先にこのエリアに向かいました。

ウー先生

こんな巨大なオブジェもあります。

ニンジャロボ

こちらは銅鑼の部分からジャァーンという音が流れていました。

ニンジャゴー門

各エリアは大きな門で区切られています(これはさすがにレゴではなかった)。

ニンジャゴー大門

ちょうどクリスマスイベントが始まったばかりだったので色々なところにクリスマスツリーが飾ってありました。

クリスマスツリー

大人というかお父さんはミニランドが気に入ると思います。

ミニランドレゴランドジャパンはミニランドだけで大人は満足?写真で紹介します

キャラクターと写真撮影ができる

こちらはレゴランドの入り口前にいたサメを被ったキャラクター(名前がある?)。

海のキャラクター

タイミングが合えばレゴランドの中でもキャラクターに合うことができるので一緒に写真を撮ってもらいましょう。

ディズニーのように人垣ができてしまってなかなかキャラクターに近づけないなんてこともありません。

ただみんなキャラクターの前を素通りしてしまってキャラクターの方からお客さんの方に近づいていっていたのはちょっと悲しかったです。

結局顔のパーツが同じなのでどのキャラクターも大きな違いがなく写真の撮りがい?がないんですよねぇ。

アトラクション以外の遊び場が充実

こちらはパイレーツエリアにある海賊船のアスレチックですが、アトラクション以外にこのような遊び場が何か所も設置されています。

レゴ海賊船

アトラクションにはまだ乗れないような小さなお子さんでも楽しく遊ぶことができます。こういうのはありがたいですよね。

実はレゴランドはアウトドアワゴンの持ち込み可能なのでピクニック感覚で遊びに来てもいいかもしれません。もちろん年間パスポートを購入して!

アウトドアワゴンレゴランドジャパンはまさかのアウトドアワゴン持ち込み可!もはや公園感覚で遊びに行く場所?

インスタ映え目的はほぼいない

私の中ではこれが一番いいところですかねぇ。

あのどこにでも現れて非常にうざったいインスタ映え目的の若者はほとんどいません。

ディズニーランドのシンデレラ城前とかほんとひどいですよね。

一日中同じ場所で同じような写真を撮ってインスタにアップして、何が楽しいのかおじさんには理解できません。

あの光景を見るたびにせっかくの遊び気分が現実に引き戻されてしまうので嫌気がさしています。

なんて思いっきり愚痴ってしまいましたが、レゴランドであればそんな心配は皆無です。

人混みもないですし行列もほとんどなし、ストレスフリーです。

残念ポイントも紹介

良いところもあれば悪いところもあるということで、ここからは残念ポイントを紹介していきます。

対象は小学校低学年まで

公式サイトによると2~12歳までを対象にしているようです。

レゴランド対象年齢

今回は小学校2年生(8歳)と6年生(12歳)の二人の子供を連れて行ったのですが、上の子はちょっと飽きてしまっていました。

アトラクションは刺激も動きも控えめで満足できるのは小学校低学年までじゃないでしょうか。

やはり小さなお子さんを連れた家族がほとんどで若いカップルは数組見かけたくらいでした。

正直大人のデートで来るにはちょっと厳しいかなと。まぁクリスマスにレゴランドに行かない?とはならないですよね。

営業時間が短い

これは対象年齢が低いことを考えると仕方がないのかもしれませんが、ディズニーやUSJと比べると非常に短いといえます。

オープンが10時というのは朝ゆっくりできるのである意味ありがたいですが、クローズも通常は18時なのでお子さんの年齢が上がれば上がるほど物足りなさを感じるかもしれません。

ただそうは言っても朝から夜まで遊ぶほどのボリュームがレゴランドにあるわけではないので、ある意味正しい時間設定と言えなくはないです。

人が少ないので営業時間を長くしたところでコストが増すだけで運営側としては良いところがないですね。

夜のショーや花火なんかがあればいいのですが、そういったものはないので夜まで開いててもって感じでしょうか。

時計レゴランドジャパンの営業時間は?ディズニーやUSJより短いので注意

お土産は結局レゴブロックになる

これは実際に行ってみるまで想像もしていなかったのですが、レゴランドオリジナルの商品がほとんどありません

ですのでお土産ショップのメイン商品はレゴブロックになるため、油断していると定価で買わされます

タイミングによっては割引を行っている場合もあるのですがネットショップで買った方が安いです。

お菓子類も売ってはいるのですが、ディズニーのようにキャラクターを前面に押し出した可愛い商品ではないためわざわざ買うほどではありません。

ということでなるべくお土産ショップには近づかない方が無難です。

まとめ

オープン以来あまり盛り上がっていないレゴランドですが、盛り上がっていないが故に人が少なく快適に過ごすことができます。

対象年齢が低めなので万人向けのテーマパークではありませんが、まったりピクニック感覚で遊びに行くとちょうどいいと思います。

正直ディズニーやUSJに行くとあまりにも人が多すぎて予定通りにならず家族とギスギスするなんてこともあるのですが、レゴランドであればストレスフリーです。

リピートするか?と聞かれたらもういいです、と言ってしまいそうになりますが世間で言われている?よりはいいところだと思います。

ほとんどの人は一回行けば満足してしまうかもしれませんが、逆を言えばぜひとも一回は遊びに行ってくださいというところでしょうか。

レゴランドホテルレゴランドホテルに子供達はテンションMAX!泊まった感想と残念だったところを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です