ディズニーのチケットを買うならオンライン購入(eチケット)一択!入園制限でも中に入れる買い方を紹介

eチケット

出典:公式サイト

ディズニーのチケットは名刺サイズの紙チケットがなじみ深いですが、アレって無くしそうで怖いんですよね。

しかも早めにチケットを買ってたりするとちゃんと保管しておかないといけないし、当日忘れないようにしないといけない。

よくよく考えると今の時代紙チケットを買うメリットってほとんど無いんですよね(記念にはなるかぁ)。

ということで今ならオンラインでチケットを購入した方がメリットが大きい、というかメリットしかないので詳しく紹介していきます。

ここがポイント!
  • 入園3カ月前~当日まで購入可能
  • チケット窓口の長蛇の列に並ばなくて良い
  • 入園日を指定すれば入園保証付き(売切れる場合アリ)
  • 入園日の変更はオンラインでいつでも可能(しかも無料)

eチケットとは?

窓口ではなくオンラインで購入するチケットのことをeチケットと呼ぶようです(紙チケットは違うかな?)。

チケットのタイプは3種類あります。

チケットタイプ
  • スマホ表示
  • 自宅で印刷
  • 紙チケット

紙チケット以外では購入できないチケットがありますので注意してください。

チケット形態 スマホ表示 自宅で印刷 紙チケット
1デーパスポート
シニアパスポート
ギフトパスポート
期間限定パスポート
夜間パスポート
マルチデーパスポート

まぁギフトパスポートは現物の紙チケットじゃないと送った方も送られた方もちょっと気分的にアレですね。

とは言えお年玉を電子マネーで送るなんて時代なのでギフトパスポートをアプリで送るなんて時代もそのうちやって来ますかね。

スマホ表示

スマホがあればOKなので一番のオススメですね。

eチケットスマホ表示

出典:公式サイト

マルチデーパスポート(2日以上続けて入園できるパスポート)が購入出来ないのが唯一のデメリットですね。

自宅で印刷

スマホを持っていなかったりスマホの操作に自信が無い方はこちらがオススメです。

ディズニーのアプリをインストールしたくないという方もですね。

eチケット印刷

出典:公式サイト

このタイプは印刷しないといけないのでそれがデメリットです。

紙チケット

チケットを思い出として残しておきたい人にオススメです。

eチケット紙

出典:公式サイト

このタイプは日付指定券が7日前までの購入なのと、変更手続きが窓口のみで有料になるというところがデメリットですね。

利便性を考えたら他のタイプを購入することをオススメします。

入園制限ってどのくらいあるの?

この記事を書いたのは2020年1月ですが、直近3か月だとこんな感じです。

入園制限があった日
  • 2019/11/30(ランド&シー)
  • 2019/12/14、29(ランド&シー)
  • 2020/01/03(ランド&シー)

片方が入園制限になるともう片方に人が流れるのでディズニーランドとシーの両方が入園制限になることは結構あります。

さてこれを見て月1、2回程度かぁと思ってはいけません。

休日は入園制限になっていない日でも制限掛けた方が良くない?というくらい混雑してるので快適度はあまり変わりません。

折角中には入れても人が多すぎて何もできないなんてことも。。。

また2020年4月にはディズニーランドに新エリア「ニューファンタジーランド」が出来るのでかなり混雑するでしょうね。

入園制限になりそうな日の調べ方についてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてください。

入場制限看板ディズニーの入園制限の調べ方と入園制限中でも確実に入れる方法教えます!

入園制限を回避するための買い方

入園日を指定してチケットを購入すればその日の入園保証が付いてきます。

入園保証があれば入園制限中であってもパーク内に入れます。

購入方法もいたって簡単です(スマホ用サイトで紹介)。

「パークチケット」をタップ
パークで遊ぶ日数を選択
遊ぶ日数を選択
日にちを選ぶ(重要!
日にちを選ぶ

※「まだ決まっていない(オープン券)」はチェックしないでください

受取方法を選択
受取方法

※PC用サイトの場合は「スマホに表示」が「自宅でプリントアウト」になります

後はチケットの種類やパークを選んで購入するだけ

なんだか色々と選ばないといけないので大変ですが、入園日を指定することを忘れなければ大丈夫です。

入園希望日が売切れの場合もある

連休やイベント開催中は来園者が集中するので前売り券が売り切れる日があります。

ストア売り切れ情報

出典:公式サイト

そのためチケットは早めに購入しておく必要があるのですが、売り切れている日は入園制限になる確率が高いです。

入園制限でも中に入れるのは良いのですが、入れたとしても人が多すぎてなんとも。。。

紙チケット以外はオンラインで日付変更可能

紙チケットの変更手続きは窓口のみでしかも有料(¥200)になります。

スマホ表示や自宅で印刷ならオンラインでいつでも手続きが無料で出来ます。

どうしても紙チケットが良いという方以外はスマホか自宅で印刷を選んでおいた方が利便性が高いです。

まとめ

入園制限で中に入れないのは悲しいですが、入園保証で入れたとしても人が多すぎて。。。

とは言え入れないよりは入れた方が良いのでディズニーのチケットは入園日指定で買うのが必須です。

アプリなら入園日の変更も簡単に出来るので便利になりました。

いまだに窓口に並んでチケットを買っている人がたくさんいるのでぜひともeチケットを購入してスムーズに入園して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です