イス【ヘリノックス】の持ち運びにピッタリなバッグを発見!これでディズニーのパレード/ショー待ちが捗る

カメラ用トートバッグ

以前こちらの記事でディズニーのパレードやショーを待ちで使うと便利なイスを紹介しました。

イスがあれば待ち時間も快適に過ごせるのですが、そのイスの持ち運びに困っていました。

カメラ機材を入れたリュックはパンパンでイスを入れる隙間はないのです。

そのためイスの持ち運び用に別のバッグを用意しないといけません。

そこでイスの持ち運び用に使えそうなバッグが無いか探していたところ、良いものを見付けましたので早速購入しました。

実際に使ってみた感想と併せて紹介します。

イスの持ち運びに適したバッグは?

バッグの種類にはこんなものがあります(かなりざっくり)。

  • リュックサック
  • クラッチバッグ
  • ポシェット
  • ボストンバッグ
  • トートバッグ
  • ショルダーバッグ

カメラ機材は常に持ち運ばないといけないため、リュックは必須です。

そのためリュックと併用可能なバッグを選ぶ必要があります。

とは言えリュックxリュックの組合せ以外であれば問題なさそうなので選択肢はそれなりにありそうです。

流石にリュック2個を体の前と後ろにくっつけて歩くのは恥ずかしいですしね。

クラッチバッグ/ポシェットは収納量的にNG

クラッチバッグポシェットも小さいバッグなのでイスは収納できません。

クラッチバッグに至っては肩紐が無いので手持ちが基本。

仮にイスが入るような大きさであっても常に手持ちするのは難しいですね。

カメラで撮影をするので両手が自由にならないといけないので。

ということでこの2種類については候補から除外です。

ボストンバッグはサイズ/形状的にNG

ボストンバッグと言っても大きさは様々あると思いますが、比較的大きいイメージがあるので候補から除外しました。

大は小を兼ねると言いますが、荷物が少ないときでもバッグ自体が大きく邪魔になっては仕方が無いので。

あとは基本的に俵型?なので形状的にイスの収納にはあまり向いていないかなぁというのもあります。

トートバッグは手持ちなのでNG

トートバッグも基本的に手持ちなので候補から除外です。

収納量的には問題なくバッグ自体も嵩張らないのでかなり有力な候補ではあったんですが。

消去法でショルダーバッグを採用

結局これといった明確な理由はありませんが、ショルダーバッグからイスの持ち運び用バッグを探すことにしました。

まぁ最初から手持ちはNGと言っているので(広い意味で)ショルダーバッグになるのは決まっていたようなものです。

ボストンバッグだってショルダーバッグと言えますし、トートバッグに肩紐付けたらショルダーバッグですからねぇ。

イスの持ち運び用バッグに必要なサイズは?

バッグの形状については先ほどショルダーバッグに決まりました(若干無理やり)。

ではイスを持ち運ぶためにはどんなサイズのバッグが必要でしょうか。

当然持ち運ぶイスの種類によって必要なバッグの大きさが変わってきますので、今回は利用頻度が一番高いヘリノックスを対象にしました。

ヘリノックスのサイズは?

ヘリノックスは折りたたんで収納袋に入れるとこんな感じになります。

収納したときのサイズはこうなります。

  • チェアワン:35×10×12cm
  • グラウンドチェア:30×11×11cm

チェアワンの方が5cmほど大きいのでバッグの縦もしくは横のサイズが35cm以上必要になります。

ヘリノックスを入れるバッグのサイズは?

実は子供達とイスの取り合いになるのでヘリノックスは2脚持ち運ぶ必要があります。

1脚ならまだしも2脚となるとそれなりの大きさのバッグが必要です。

チェアワンの幅が12cmなのでこれを基準にすると2脚で24cm必要になります。

そうするとバッグのサイズとしては35x24x11cm以上であることが条件になります。

サイズから想像するとかなり大きいバッグが必要ですね。

購入したのはトートバッグ

トートバッグは手持ちが基本だからとNGとしていたのですが、最終的に肩紐の付いたトートバッグを購入しました。

実際に購入したバッグはこちらです。

カメラ用トートバッグ

どうみても何の変哲もないただのトートバッグです。

イスが入るサイズと肩紐が付いていることで選びました。見た目は全く重視していません。

ちゃんとした?バッグは高かったんです。

トートバッグは単なる布?なので安かったんです。

【品番】hangfan04a【サイズ】約44cm*36cm*14cm【カラー】ブラック、ホワイト

バッグのサイズ

余裕をもってかなり大きめのバッグにしました。

サイズはこんな感じ

縦44 x 横36 x 幅14cm

ヘリノックス2脚を入れるためには35x24x11cmが必要でしたがこれなら楽々収納できそうです。

イスを収納した様子

早速こちらのチェアワン2脚グラウンドチェア1脚をバッグに収納してみます。

2脚は余裕そうだったので3脚でチャレンジです。

イス3脚

縦向きで収納

まずはイスを縦向きに収納するとこんな感じになります。

縦に入れた場合

まぁまぁ収まってる感じですかね。

ただこれだとイス以外に何も入れられないですね。

横向きで収納

今度は横向きに収納するとこんな感じになります。

横向きに収納

ちょっと分かりずらいかもしれませんが、上の方に若干スペースが残っています。

これならちょっとしたものならまだバッグに収納できそうです。

頑張ればもう1脚入りそうな感じです(しませんけど)。

流石に座椅子タイプは入りきらない

まぁやる前から結果はわかっていましたが、こんな感じになります。

座椅子を入れたら

はみ出してるとは言え3脚くらい入りそうです。

イス単体で持ち運ぶとかなり目立つのでこの状態でもアリかもしれません。

肩紐が食い込むのでパッドを購入

正直安いトートバッグなので肩紐もチープです。

単なる幅広の紐なので肩に食い込みまくりです。

その状態で1日ディズニーを歩き回るのはきつかったので追加で保護パッドを購入しました。

肩パッド

裏面はこんな感じでメッシュになっています。

肩パッド裏

お手頃なお値段なのでおススメです。

まとめ

イスの持ち運び用バッグを買ってから持ち運び自体は楽になったのですが物の重量が激増で辛いです。

バッグが1つ増えた分入り口の荷物検査にかかる時間も長くなりました。

これだけ大荷物だとディズニーオタってバレバレですね。

まぁそれはそれで良いのですが。。。

いつか手ぶらでディズニーに遊びに行ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です